☆遺言について☆

  • Top
  • ☆遺言について☆

遺言書の種類

 

☆遺言書の種類☆

 

{民法967条}

 

遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によってしなければならない。ただし、特別の方式によることを許す場合はこの限りではない。

 

☆普通方式…自筆証書遺言 /公正証書遺言/ 秘密証書遺言
☆特別方式…危急時遺言/
隔絶時遺言

        

遺言書を作成する場合、自筆証書遺言、公正証書遺言を選ぶことが一般的です。特に、トラブル防止と安心という点から公正証書遺言がおすすめです。

  

遺言書が必要なのは??

☆遺言書が必要なのは??☆

①法定相続分と異なる配分をしたいとき。

例えば、子供たちのうち、病気の子供に多く相続させたい、また、同居の家族に多く相続させたいなど。

②分けにくい遺産(不動産がある)(遺産の数が多い)があるとき。

法定相続分で分けることが決まっても、不動産をどう分けるかなどなかなか話がまとまらないものです。遺言書を作成しておけば相続人も助かります。

③子供のいない夫婦で、推定相続人が配偶者と兄弟姉妹または親であるとき。

例えば夫が亡くなり配偶者と夫の兄弟姉妹が相続人の場合は、話がまとまりにくいものです。特に不動産がある場合は遺言書を残すことは重要です。

④農業や個人営業の方。

資産が分散し、経営が成り立たなくなるのを防ぐため。

⑤推定相続人以外の人へ遺産を配分したい。

例えば介護をしてくれた嫁へ、また孫にも配分したい、お世話になった団体へ寄付したいなど。

⑥一人暮らしの未婚者

⑦推定相続人の中に行方不明者や浪費者がいる。

⑧先妻との間に子があり、後妻がいる。

⑨愛人との間に子供がいる。 等

主な遺言の特徴

☆主な遺言書の特徴☆

☆自筆証書遺言☆

自分で全文・日付・氏名を自書して押印します。費用もかからず手軽で、証人もいりません。しかし、紛失・偽造・変造・隠匿・破棄の危険があります。

そして、遺言者が亡くなった後、家庭裁判所での検認が必要となります。(*検認とは、家庭裁判所が遺言書の現況を確認する手続きで、被相続人の住所地の家庭裁判所に遺言書を持参し、申し立てをします。)

また、内容があいまいで判断に困る場合や、真偽をめぐり裁判になる場合もあります。

 

☆公正証書遺言☆

公証人と、2人以上の証人立会いのもと、公証役場で作成されます。手間がかかり手数料がかかりますが、遺言の内容がほぼ確実に実現され、原本は証役場に保管されるので、紛失・偽造・変造・隠匿・破棄の危険がありません。また、家庭裁判所での検認も不要で、相続人の負担も少ないといえます。また、一番安全・安心な方法と言えます。(*公証役場での手数料については、財産の額により異なりなす。例えば1千万から3千万円を一人に残すには約3万4千円など。)

 

☆秘密証書遺言☆

公証人と、2人以上の証人会いのもと、公証役場で作成されますが、遺言者が署名・押印した遺言書を封書にし公証人に提出するものです。公証役場での手数料(財産の額に関係なく、11千円)がかかります。公証により遺言の存在は明確になりますが、内容は明らかにしないため秘密は保たれます。
また、公証役場での保管はされませんので、紛失
・破棄などの危険があります。しかし、公証されており、偽造・変造の恐れがありません。(公証役場には、遺言したことだけが記録されます)

また、自筆証書遺言と違い、署名・押印ができれば、字が書けない人でも作成できます。
そして、自筆証書遺言と同様に、家庭裁判所での検認が必要になります。

☆遺言・相続後見・離婚☆
☆営業時間:平日AM9:00~PM6:00
(土日祝日も予約OK:応相談)
☎049-215-7878

☆毎週木曜日、無料相談(要予約)☆

2019年6月22日(土)、鶴ヶ島市南市民センターにて、一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター埼玉県支部主催・鶴ヶ島市/鶴ヶ島市社会福祉協議会後援の公開講座・相談会を行いました。
2018年6月23日(土)、行政書士会・一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター埼玉県支部による公開講座・無料相談会を行いました。

2018年3月17日2017年12月17日、川越支部相続部会セミナー・相談会行いました。
☆2017年11月11日・12日
かわごえ産業フェスタにて川越支部無料相談会を行いました。
☆2017年3月23日・3月28日・4月7日・5月3日・5月15日、ウエスタ川越・会議室にて無料相談会(えり行政書士事務所・ひだまり相談会)を行いました。

お問い合わせ
Pagetop